Posted in Flagyl on April 4, 2015

<!– google_ad_section_start(name=s1, import=.9) –>

つよぽんがナビゲーターを務めた NHKの

「未解決事件追跡プロジェクト」が放送されてから

まだ1週間経つか経たないか ってかんじなのだけど

翌月曜日のちょっとビックリ!だったゴロヒロ番組とか

一昨日木曜日のイロ~ンナ意味での衝撃!の発表とか

次々に繰り出されるショック波が大きかったものだから

あの番組の放送が遥か昔のことのように感じたりもして

でも あの番組でのつよぽんの佇まいが

本当に 本当に とってもよかったから

それだけ ちょっと書きたく思っていたんです

まず 一体なぜ つよぽんが こんなシリアスな番組の

ナビゲーターに?って 番組を見るまで不安もあったけど

でも つよぽんの最初の登場シーンでの あのお顔を見て

即座に「このつよぽんで正解だわ!」って思いました

つよぽんのあの表情と佇まいは こういう番組の進行役の

人にありがちな 押し付けがましさや偽善臭さが全くなくて

この番組の空気に自然な形で同化し 過去の悲しい

事件の痛みになにげなくさりげなく そっと寄り添い

視聴者に不要なプレッシャーや緊張感を持たせることなく

誠実に ごく自然な形で 情報提供を呼びかけていました

何と言うか つよぽんがよく言う「日々をきちんと生きている」

がゆえの彼の優れた対応力と人格の力を 強く感じました

つよぽんを指名したNHKの人選力ってすごいなぁ

つよぽんならできるって ちゃんと見抜いていたんだなぁ

いつも思うことだけど つよぽんの人間力には

やっぱりホント 敵いません

The in the greatest degree common negative effects are related to appetite irritation aslo include abdominal pain, dyspepsy and nausea.