Posted in Flagyl on June 6, 2015

20150530192012514.jpg
5/30(土) 晴れ後曇り

最高気温/33℃ 最低気温/18℃
日出時間/04:28 日没時間/18:53

季節というのはどれも味わい深いものだし、どの月にもそれぞれ良さがあるのを認めたうえで、僕は5月と8月がこの上なく好きだ。
春と夏の狭間で揺れる5月は、終わりに向かうにつれ夏の色が濃くなっていく。
今日の最高気温は33℃。真夏日の予報。
そんな5月最後の休日は何をしよう。そういえば去年は何をしていたっけ。
そうだ、ロードバイクで長野県へ旅をしたんだ。あの日もえらく暑くて、峠道は辛くて、自転車を押していつ終わるかもわからない長い坂を登った。埼玉から群馬を通り、長野へ抜けた時の感動はいまでもはっきりと思い出せる。
ハルゼミの鳴く峠を越えたあとは千曲川沿いの道を下って城下町小諸で一泊したのだった。
また自転車旅をしようかとも考えたけれど、日曜の天気予報は自転車旅をするには少々不安になるものだった。

思えば今年の5月は渓で遊んでばかりだったが、なら最後の週末も渓で過ごそう。

20150530192055841.jpg
とある渓に歩きたい支流があった。そこの本流はなかなかに美しい流れと渓畔林を持つだけに、その支流も素晴らしいに違いないと思った。

ところが行ってみると取水堰堤があって水量が少ない。またそこを過ぎてもかなり細い沢だった。いちおう魚の姿はあるものの、流れが貧弱なせいで川床は黒茶色い。何より渓畔林はほとんどが植林の杉だ。杉林にありがちなサラサラの斜面は保水力がほとんどないから、必然、渓も弱々しいものになる。人の手によって荒廃させられたこの渓には、末期的な悲惨さがあった。岩の配置や岩盤の状態を見ると、杉林に変えられる前の往時の美しさが偲ばれた。

20150530192646d06.jpg
すっかり白くなった獣の頭骨が、この沢の未来と重なって見える。
ところでこの頭骨は何の動物だろう。少し残った歯の形状やサイズはシカのそれに近いのだが、縦長に広がった眼窩はシカのものではない。イノシシやクマとも違う。

さて、退屈な小沢にすっかり時間を使ってしまった。渓から一歩でると植林帯につきもののの踏み跡があり、そこを小走りで本流に戻った。

201505301927095f4.jpg
本流中流部まで戻ると、上に開けた渓が続いていた。
ここの上流と源流は来たことがあるが、中流域は初めてだ。
タックルは6ftパックロッドに2番リールの源流仕様を持ってきたけれど、これなら4番あたりがちょうど良さそうな感じだ。

フライを放つとさっそく反応があった。#12が口に入りきらないほど小さいらしく、数秒の引きがあった後にフライを口から離された。
その後は20cmオーバーのヤマメがフライに飛び出してきて、こいつは凄まじい動きで自分から水面を飛び出して苔むした平たい岩に乗り上がった。そして岩の上で跳ね回ったあげくハリが口から外れてフライだけが僕の方へすっ飛んできた。ハリが外れてもヤマメは岩の上で踊っていた。岩と僕の距離は5~6mくらいで、ヤマメを捕まえるべく走り出したが、ギリギリのところでヤマメは水の中へ戻っていった。
フライフィッシングの優美さの欠片もない数刻の出来事に、何だか可笑しくて独り笑った。

2015053019331047e.jpg
釣り登ると魚はヤマメからイワナ中心になってきた。ここは両者混成の渓だが、一応棲み分けらしきものはあるようだ。
本日最大、25cmくらいだろうか。

2015053019283042d.jpg
その後も夢中になってロッドを振った。僕には珍しく、時間を惜しんでコーヒーすら淹れなかった。
僕は常々自分は釣り師ではないと思ってきた。自分は釣り師ではないし、登山者でもなければロードバイカーでもMTBerでも、キャンパーでもない。
もし自分にそう言った括りで便宜的に名称をつけるなら、「ナチュラリスト」だろう。あるいは「アウトドアコーヒー愛好家」かもしれない。
ただそれはどちらも便宜的なものに過ぎない。僕の山遊びの実態は、社会性から切り離された場所で誰にも邪魔されずにたった一人で事を楽しみたいという、偏屈で、どこまでも子供染みたエゴでしかないのだから。

等と思いつつ、日が暮れてフライが見えなくなってもロッドを振り続ける僕の姿は、どこから見ても全くヘタクソ釣り師のそれだった。

ランキングに参加しています。下記バナーをクリックしてくださると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーサイト

NSAID it truly is thought to work through inhibition of cyclooxygenase (COX), thus inhibiting prostaglandin composition.