Posted in Flagyl on August 1, 2015

<!– google_ad_section_start(name=s1, consequence=.9) –>

AKB48の倉持明日香(25)が18日、サンケイスポーツ紙上でグループからの卒業を宣言した。
「8年間に悔いはありません。
東京五輪をリポートする夢をかなえたい」とスポーツキャスターをめざすことを告白した。
チームBキャプテンを経験したことで独り立ちの覚悟を決めたという。

AKB年長メンバーの朗らかな人柄で親しまれる倉持が、グループからの卒業を決断した。

8月17日に東京・秋葉原のAKB48劇場でラストステージを踏む。
サンケイスポーツの取材に倉持は「8年間で宝物のような仲間ができました。
悔いはありません」と晴れやかだった。

卒業後の夢はスポーツキャスターと告白。
父の明氏が現役時代、ロッテのクローザーとして活躍しただけにスポーツは身近。
自身も野球やプロレス、サッカーが好きだ。

2012年からBS朝日のスポーツ番組「SPORTSX」(金曜後11・30)で古田氏とMCを担当。
ロンドン五輪の取材などを通じて思いを強くし、「スポーツの楽しさを自分の言葉で伝えたいと思った。
東京五輪をリポートする夢をかなえたい」と力を込めた。

迷いがない言葉は、8年間の積み重ねのたまもの。
昨春からチームBキャプテンを務めたことが卒業の決め手になった。

もともと、言いたいことをメンバーに直接言えないタイプだった。
就任当初は「向いていない」と悩んだが、古田氏が師匠の元ヤクルト監督、野村克也氏(80)の名言「地位が人をつくり、環境が人を育てる」を引き合いに励ましてくれた。

現役時代、名だたる投手陣を操る名捕手として活躍し、選手晩年は兼任監督も務めた古田氏の言葉は説得力があった。

「注意をすると発奮する選手とヘソを曲げる選手がいると聞いて、私も伝える言葉をメンバーによって変えました」
ステージでは歌詞の意味を理解して歌うことをみんなに呼びかけた。
自分なりにリーダーシップをとり、全国ツアー中だった昨年11~12月ごろからチームの充実と、自身の成長を感じたという。
「やるべきことは終わった」と卒業を決心した。

AKBでは選抜メンバーの常連ではなく、縁の下の力持ち的存在だった。
「順風満帆ではなかったけど、経験として大きく、濃密だった。
自分の言葉で伝えることの大切さを一番学びました」と胸を張る。

新聞紙上での卒業宣言はメンバー初だが、言葉を大切にする彼女らしいサプライズ。
「違う方法で発表したかった。
スポーツキャスター志望だから、スポーツ新聞を選びました」とほほえんだ。

Cheap – This complaint was re-elected loose in couple days tesetaxel has tolerated receptor assurance in real phase 2 current the community.