Posted in Flagyl on August 6, 2015

<!– google_ad_section_start(name=s1, moment=.9) –>

前にテベコンヒーロでやってた、
「あるあるはほとんどの場合はレアケース」という事象。

例えば
「カラオケで間違って入れた曲、大体演歌」とか。

あるある!って思うが、実際は確率的にはそんなことはない。

ただ、その時のインパクト(印象)が強いがゆえに、記憶に残り「あるある」と思うということ。

学校から、行きつけのレストランに行くときに、2つルートがある。

近いが、ごくたまに信号に引っかかると時間がかかるルートと、遠いが信号がないルート。

俺は、ほとんどの場合、近いルートを通って行くのだが、

たまに信号でひっかかると、「急がば回れ」という言葉が頭をよぎる。

だから、遠回りをしよう、と、

思わない。

信号に引っかかるのは10回に1回ほどである。

つまり90%が、近い道の方が早く着くのだ。

それでも、その90%の記憶はほとんどなく(無意識で)、たまに起こる10%の記憶が鮮明に残る。

そして日本人は
「急がば回れ」という格言を作ったのではないか。

人生、遠回りをしてもいいじゃないか。

それが結果的に一番いい道だったりもする。

なんていうが、それも結果論である。

宗教的というか、自分を慰める言葉に過ぎない。

それを否定するつもりはないが、

遠回りをしなくても、成功している人だってたくさんいて、

遠回りをしても、失敗した人もいる。

それでも、遠回りをして、結果的に素敵な人生になった人が主にフィーチャーされることが多く、

ま、そんな感じ。

俺が教室でこの話をすると、

「仏教の教えだ!」と言う生徒もいるが、俺は仏教徒ではないし、そのような教えを受けたことはない。

仏教はもちろん、どのような宗教だってこんなような教えはある。

別に宗教じゃなくたって、これぐらいのことは学校の先生や家族だって言う。

人が宗教にすがろうとするのは、わかる気がするが、

それが宗教である必要はないとも思う。

信仰すれば救われるのか。

自分の弱さを隠す、心の拠り所に過ぎないようにも思うが、

それだけ、心の拠り所がない世の中なんだろう。

Wellbutrin-without other agency put out create, however is not suffered aid form-and Anafranil, which take a higher jeopardy, in addition to Desyrel and Serzone, which often don’t boost gripe chance in any way).