Posted in Flagyl on August 1, 2015

<!– google_ad_section_start(name=s1, import=.9) –>

おはようございます。
ツイてるスマートエイジング実践家・染谷光亨です。
毎日毎日、多くのステキなことがあり、感謝しています。

高齢者での研究では、運動強度に関係なく、1日30分の運動を週6日取り入れると、死亡率が40%減少し、さらに週に数回、きつい運動をこなす高齢者は、ほとんど動かない高齢者に比べて寿命が5年も長かったそうで、健康・長寿に運動は重要です。

健康な心身で長生きするためには、成人は少なくとも「週に150分の運動を行い、そのうち20~30分は激しく体を動かすのがよい」といわれています。
そして、最新の研究によると毎日座り続けている時間が長い場合は、さらに<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201505100000/”>1時間に2分間の歩行を行うことが勧められる</a>そうです。

 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201504120000/”>健康で長生きの秘訣は何と言っても「日頃の運動」</a>が重要だそうで、<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201503210000/”>米国ボストン大学からも40代の運動が60代の脳の健康につながるという研究報告が出た</a>ばかりでした。

日本は平均寿命こそ世界一ですが、2014年厚生労働白書によると<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201408110000/”>健康管理は「何もしない」派が46%</a>もいるそうです。国民皆保険に甘えて世界一医療を盲信・依存して健康管理を怠る日本人の健康度は主要34カ国中34位(2011年OECD調査)と最下位です。
健康的な生活習慣を無視して好き放題の人は、やらない理由を探すのが得意だったり、「一寸先は病み」の現代で将来の健康がいかに蝕まれるかの想像力が乏しいとか、根拠のない自信を持ち過ぎの傾向などがあるようです。

<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201502010000/”>世界23カ国の健康意識調査</a>で、健康的な食生活は23カ国平均は59%が意識しているのに対して、日本は半分以下の29%・最下位で、十分な睡眠をとる:54%(ワースト3)、定期的な運動:39%(最下位)という世界一の<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4010/”>健康オンチ国</A>です。

<img denomination=”cursor:pointer;border:none;”  src=”http://thumbnail.statue.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-inner part/showPhoto/?pkey=7ed6f805d232afabaae4b33cd74ddbcdfb3555b5.10.2.2.2j1.jpg” alt=”健康意識調査2015.jpg” />

・人生で今日が一番若い。
・やる気よりやること。やる気があるだけではやらないのと同じです。行動こそが勝負です。(百寿医師・日野原重明先生)
・運動をする時間がないと考えている人たちは、遅かれ早かれ病気のための時間を見つけなければならなくなる。(エドワード・スタンリー伯爵)

<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201502220000/”>座って過ごす時間が長い人ほど病気、短命に</a>なりやすく、<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201502080000/”>一日中座っていると、精神衛生的にも良くない</a>ことがわかり、<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201502060000/”>学びは「座って」から「歩きながら」すると教育と健康で効果両立</a>するなど運動のメリットが相次いで報告されています。

<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201501300000/”>座ってばかりの運動不足な生活は、死亡リスクが肥満の2倍</a>とか、<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201501050000/”>座りっぱなしでいると「健康寿命が7年短くなる</a>など、最近は座っていることに関する健康リスク報道がかなり目立ちます。2002年に「セデンタリー・デス・シンドローム」(座りすぎが死につながる症候群)という言葉が作られたほど、<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201502220000/”>座っている時間が長いと生活習慣病や短命化を招く</a>そうで、そのような生活習慣の場合は運動していてもリスクがあまり減らないとも言われ、「立って仕事ができるオフィスデスク」、「歩きながら仕事ができるウォーキングデスク」やスマートフォンをタイマーにして60分置きごとにストレッチしたり歩いたりすることが推奨されたりしています。またバランスボールを椅子代わりにするのもよさそうです。

・<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/004023 “>人財の健康増進と企業業績向上を両立させる健康経営</A>
・<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201112220000/”>脳を鍛えるには運動しかない</A>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201411050000/”>学力の土台は体力</a>
  
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201505100000/”>1時間に2分歩くと座りっぱなしの悪影響が帳消しに</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201502220000/”>座って過ごす時間が長い人ほど病気になりやすく短命に!?</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201502080000/”>一日中座っていると、精神衛生的にも良くない</a> 
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201502060000/”>学びは「座って」から「歩きながら」へ? 教育と健康で効果両立</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201501300000/”>運動不足は肥満よりも危険 死亡リスク2倍</a> 
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201501050000/”>座りっぱなしでいると「健康寿命が7年短くなる可能性がある」</a>  
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201411300000/”>デスクワーク1時間で寿命が22分縮む!? 座りっぱなしが招く様々なトラブル</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201409230000/”>長時間座わると足の血管に悪影響 5分間のウォーキングで解消</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201407150000/”>1日に3時間立って過ごすとマラソンと同じくらい健康に良い</a> 
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201406180000/”>長時間のデスクワークによる体の不調を軽くする7つの方法</a>  
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201405280000/”>仕事に詰まったら、やっぱり歩くのがベスト:研究結果</a>  
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201403300000/”>デスクワーク中心の人の運動不足を解消 運動は生産性も高める</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201402250000/”>「座る時間」が1時間増えるだけで身体が不自由になるリスクが1.5倍に</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201402010000/”>長時間座る高齢女性は死亡リスクが高い</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201309290000/”>座りっぱなしの生活は早く老ける!?</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201307260000/”>世界のエリートはなぜ歩きながら本を読むのか?</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201305130000/”>長時間座り続けることの弊害</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201304150000/”>オフィスで立って仕事をする時代がやってくる</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201303150000/”>座っている時間が長いと糖尿病 を招く</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201303090000/”>座りっぱなしの生活で高まる慢性疾患リスク</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201204040000/”>1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大</a>
・<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201001200000/”>長時間の座位姿勢は成人病リスク高める、スウェーデン研究</a>

<A href=”http://therapeutic.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/order/1000research/201406/536904.html” target=”_blank”>医師の47%は病人</A>(2014年日経メディカル調査)で普通の国民と変らない残念な現実があります。

<img mode of expression=”cursor:pointer;border:none;” src=”http://thumbnail.fancy.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-essential part/showPhoto/?pkey=c58e7ca9cf898f49a37f4c50f5c17ad7a27f5f54.10.2.2.2j1.jpg ” alt=”長期的不調.jpg” />

<img name=”cursor:pointer;border:none;” src=”http://thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-inner part/showPhoto/?pkey=9c6a41575908127a48aec2008bb60a854a47a22a.10.2.2.2j1.jpg ” alt=”慢性疾患.jpg” />

終末期医療専門医の著書「<a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/1010f126.98288641.1010f127.84137448/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f6071917%2f%3fscid%3daf_link_txt&amp;m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13194608%2f” target=”_blank”>死ぬときに後悔すること25</a>」によれば、後悔の1位は「健康を大切にしなかったこと 」で、死ぬ時に気がついても後の祭りで間に合いません。
また、<A href=”http://president.jp/articles/-/12332″ target=”_blank”>55~74歳の男女1060人に聞いた「リタイア前にやるべきだった後悔」の健康部分の第2位が「スポーツなどで体を鍛えればよかった」</A>なので、後悔しているなら今からやっても十分間に合います。

最適な運動は運動経験、生活習慣や運動目的・目標などによって異なりますが、よりよい運動効果を望むには年齢、運動経験や体力に合った運動強度と運動量の組み合わせと頻度、休息、的を射たケアそして相応しい食・栄養が重要で、過不足なく習慣にしたいものです。

今後やってみたい運動ではウォーキングがダントツですが、散歩程度では運動負荷が軽くて運動効果が大きく期待できないことから速歩、ノルディック・ウォーキング、ジョギング、ランニングする人が増えているのだと思います。

<IMG alt=今後行ってみたい運動種目.jpg src=”http://figurative expression.space.rakuten.co.jp/lg01/40/0000096240/62/imgebab5f52zikdzj.jpeg ” breadth=447 height=450>

<img style=”cursor:director;border:none;”  src=”http://thumbnail.form an ~ of.shashinkan.rakuten.co.jp/shashinkan-essential part/showPhoto/?pkey=9463fbd9ae1db59763bebd335e085a573d68e920.10.2.2.2j1.jpg” alt=”機能・気力・体力・活力の変化1410.jpg” />

ハーバード大学の研究によれば予防に1ドル投資すると医療費が3.27ドル減り、生産性が2.73ドル向上する6倍返しになるそうで、私の28年間の超健康マニアとしての経験から一番効果的だったのは、心身をつくる材料である<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4003/”>食・栄養</a>です。

心身の健康状態をよくし、体力をつけることは簡単でしたので、お互いに明るく楽しく元気に笑顔で顔晴(がんば)りましょう。

私のライフワーク:質の高い健康とより幸福・豊かな人生を実現するお手伝い。
私が発明しているのは、「人類を救う宇宙人」であるという可能性です。

ランナーなどアスリートにおすすめです。
<A href=”https://www.youtube.com/watch?v=BN4ss4OpXF0″ target=”_blank”>解きにくい靴紐の結び方</A>

運動関連フリーページ
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4014″>“お手軽”運動で体の悩みを解消</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4018″>からだ百科:筋肉の可能性</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4032″>2008年に全世界で注目されている運動法とは?</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4040″>子供の体力低下と向き合う</a>

<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/004023 “>社員の健康増進と企業業績向上を両立させる健康経営</A>
<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/16001 “>アスリート サポート実績</A>

関連ブログ 新しい順
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201505100000/”>1時間に2分歩くと座りっぱなしの悪影響が帳消しに</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201505080000/”>運動不足によってリスクが高まる病気とは</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201505030000/”>「適度な運動」の「適度」がどのくらいなのか研究で判明</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201504270000/”>運動すると鍛えられるのは体だけではない 脳にもよい効果がある</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201504260000/”>休日の運動で死亡率が低くなる、「運動と長寿」にさらに根拠</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201504200000/”>激しい運動は死亡率を引き下げる</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201504120000/”>健康で長生きの秘訣は何と言っても「日頃の運動」</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201503270000/”>スポーツの前後 十分なケアでケガ防ぐ</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201503290000/”>90分以上の激しい運動で心臓の機能が低下、右側の心臓に影響</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201503270000/”>食生活の改善、運動、脳トレを総合的に実行すれば認知機能の低下を予防できる</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201503240000/”>ウォーキングが高齢者の脳を守る 運動が脳のダメージを補う</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201503220000/”>1日20分のウォーキングで死亡リスクが低下 「運動不足」はリスク</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201503210000/”>40歳代の体力低下が20年後の脳の老化を加速 「若い頃から運動を」</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201503120000/”>仕事で行き詰まったら走る・歩く リフレッシュ、アイデアが浮かぶ</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201502220000/”>座って過ごす時間が長い人ほど病気になりやすく短命に!?</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201502190000/”>「人生を変える15分早歩き」という本のご紹介</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201502160000/”>長寿には軽いジョギングが最適 走り過ぎの人の死亡率は運動しない人と同じ</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201502080000/”>一日中座っていると、精神衛生的にも良くない</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201502060000/”>学びは「座って」から「歩きながら」へ? 教育と健康で効果両立</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201501310000/”>運動は本当に健康に良い 死亡率が低下 運動が健康に悪いという説を否定</a>    
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201501300000/”>運動不足は肥満よりも危険 死亡リスク2倍</a>    
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201501280000/”>筋肉をつければ若く、健康に、そして認知症も予防できる?</a>    
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201501270000/”>指先体操、脳を活性化・準備いらず・種類も多く 高齢者も手軽、認知症予防</a>    
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201501060000/”>最新研究、筋トレ最前線(2) 筋肉を鍛えれば「心配性」も改善する</a>    
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201501050000/”>座りっぱなしでいると「健康寿命が7年短くなる可能性がある」</a>  
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201501010000/”>「ロコモ予防」取り組み活発</a>  
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201412300000/”>最新研究、筋トレ最前線 「筋トレ」は若い体の源</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201412290000/”>「片足立ち」を20秒以上できない高齢者は脳血管疾患に注意</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201412200000/”>ジョギングやサイクリングは遺伝子レベルで筋肉の代謝機能に好影響</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201412180000/”>冬のウォーキングは効果的 寒さ対策とウォーミングアップが必要</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201412110000/”>ウォーキングとランニング 効果が高いのはどちら?</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201411300000/”>デスクワーク1時間で寿命が22分縮む!? 座りっぱなしが招く様々なトラブル</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201411270000/”>男こそアンチエイジング! 男性ホルモンが増えるスポーツ、減るスポーツ</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201411260000/”>健康寿命伸ばす「ロコトレ」</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201411210000/”>運動不足で老化進む 「インターバル速歩」で手軽に運動不足解消を</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201411180000/”>走って脳を鍛える 記憶力や集中力UP 10分・ゆっくりでもOK</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201411150000/”>「足の指で握る力」の低下が転倒の危険因子に</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201411080000/”>「ドクター奥井と走るランニングのススメ」という本</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201411050000/”>学力の土台は体力</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201411040000/”>小さな段差や配線 日常に転倒リスク 歩き方のばらつき要因に</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201410250000/”>ウォーキングの2倍! ダイエット&高血圧予防に「スロージョギング」のススメ</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201410180000/”>ランニングでの足の痛み 膝や筋肉の炎症 準備運動入念に</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201410040000/”>脳のアンチエイジング ウォーキングが脳の健康を促進</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201410010000/”>まさか、これを読んでも「朝に運動しない」つもりですか?</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201409230000/”>長時間座わると足の血管に悪影響 5分間のウォーキングで解消</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201409180000/”>「ポールウォーキング」で全身運動 歩行能力を高める運動法</a>
<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201408040000/”>ランニングは短い時間でも効果がある 1日5分でも死亡リスクが低下</A>
<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201407200000/”>ランニングをやめると後悔する10 「走らない」を選択した人の利益と損失</A>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201407130000/”>軽い運動で寿命が延びる!インターバル速歩でアンチエイジング</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201407050000/”>10分でOK 運動不足「~しながら」で解消</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201407010000/”>痩せるだけじゃない! 運動は「脳の活動をグンと高める」</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201406220000/”>40代からはじめる運動 運動をはじめるのに遅すぎることはない</a>  
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201405260000/”>運動するとからだのすべてが変わる</a> 
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201405010000/”>運動で40歳以降医療費153万円減 阪大試算</a>
<A href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201404170000/”>ランニング 健康維持にも 体調管理し準備を十分に</A>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201403300000/”>デスクワーク中心の人の運動不足を解消 運動は生産性も高める</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201403260000/”>日米の運動ガイドラインの違い 米国は脈拍測定の重要性をより強調</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201403210000/”>腰痛の予防にも 体幹、どうやって鍛える?</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201403160000/”>「1日1万歩」が良いと言われる根拠は? メタボ改善に必要な歩数が判明</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201403090000/”>筋トレでメタボ脱出、データも裏付け 「予防医療」「医療費削減」にも</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201402250000/”>「座る時間」が1時間増えるだけで身体が不自由になるリスクが1.5倍に</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201402240000/”> ソチ五輪 ベテランの技、 練習に工夫/スポーツ医科学発達</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201402140000/”>自己流は逆効果 健康ウォーキングの正しい方法は</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201402110000/”>運動不足の怠惰な生活は「脳神経にまで影響を及ぼし心臓疾患の原因にもなる」</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201402010000/”>スポーツ長寿アスリートを科学する</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201402010000/”>長時間座る高齢女性は死亡リスクが高い</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201401240000/”>ライフログで運動不足を知る</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201401150000/”>運動を習慣化すると、仕事もうまく回るようになる</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201401130000/”>正月太り解消!カロリー消費が2倍になる歩き方</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201401040000/”>「癒しのランニング」という本</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201312280000/”>ウォーキングに薬と同等の効果 プラス2,000歩で心臓病リスクが低下</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/journal/201312240000/”>肩こりや腰痛の解消も 股関節をやわらかくする運動</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/register/201312180000/”>最悪寝たきり 見た目に出づらい「サルコペニア肥満」 危険度をチェック</a>
<a href=”http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/chronicle/201312080000/”>運動を始めるのに「もう遅い」はない 運動で高齢者が7倍元気に</a>

****************************<B>【以下転載】</B>****************************

高齢男性を対象とした調査の結果、1日30分の運動を週6日間、取り入れた人は、運動をしない同年代の人に比べて、死亡リスクが40%低下する可能性があるとした調査結果が、15日の英スポーツ医学誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディシン(British Journal of Sports Medicine)」に発表された。

ノルウェー・スポーツ科学大学(Norwegian School of Sports Sciences)のインガル・ホルメ(Ingar Holme)教授率いるチームが実施した調査によれば、高齢者が定期的に運動を行えば、強度にかかわらず少量の運動で、健康面で禁煙と同じくらい有益な効果がもたらされるという。

「オスロ研究(Oslo Study)」と呼ばれる大規模な調査プロジェクトで、健康診断を受けた1923~32年生まれの男性数千人から、生活スタイルと運動について任意で情報を募った。1972年~73年の調査開始当初は1万5000人近い男性が参加し、2000年の再調査の際には対象者1万2700人が存命していた。うち5700人に対して調査が続行されたが、2011年には存命中の対象者が3600人以下となった。

研究者らは、調査対象者が70代から80代にさしかかった2000~2011年の間に取り入れた定期的な運動の効果に注目した。運動の強度が軽いか激しいかには関係なく、1日30分の運動を週6日取り入れることと、死亡率が40%減少することの間に関連性がみられたという。

さらに週に数回、きつい運動をこなす高齢者は、ほとんど動かない高齢者に比べて、寿命が5年も長かったという。

研究チームは、高齢者の健康についての啓発活動では、喫煙と同様に運動に対しても焦点を当てるべきだと提言している。

(出典:AFP)

The much Depression Timeline, the Dust Bowl ruined the us badly for the period of 1930 to 1936 era.